楽な姿勢と骨のいち。

こんばんは。

Yoga studio Shamtyは今日ものんびりヨガ日和でした

最近パーソナル、セミパーソナルでお客様の身体を見させて頂く機会が多く、普段のレッスンでなかなか出来ない事を事細かにお伝えしています。

前職の職業柄、人の歩き方や姿勢は無意識に見てしまうのですが・・・

皆さん、自分の立ち姿勢。ちゃんと意識した事、鏡で見たことありますか・・・?

身体にはランドマークと言って正しい重心線が通る目印があります。

このランドマークが一直線になっていると、関節や筋肉に負担が少なく(本来は)楽に効率よく身体が動かせるのです^^

正面から見る事は簡単ですよね

左右対称にみればわかりやすいので、ご自身でも鏡で確認できます◎

横からは中々難しいのでレッスン中にちょこちょこ・・・と横に回って見てみると、、、、、、、

皆さん筋肉使わず骨や靭帯で立ってる人がほとんど💦

これじゃいかんと、ちょいちょいちょいと口頭で伝えながら姿勢を修正していきます

すると皆さん、同じ言葉((笑))

「え?これまっすぐ?」「立ってるだけでめっちゃきつい💦」「後ろに倒れそう💦」

普段の姿勢に慣れていると、少しでもその安定からずれたら居心地が悪いのは当然。

日頃スマホやデスクワーク、身体の前で作業をする事がほとんどですので、大半の人は首が前に出ています

背中が丸まり、バランスをとる為に骨盤も前に出る。靭帯や骨支持で身体を支え全く筋肉を使わない立ち方。

一見楽なように見えて、その習慣を続けると骨盤が歪み、歪みが様々な不調へ繋がっていきます。

もちろん筋肉を使わないから筋肉量も減少、筋出力、パフォーマンスも低下していきます

するとどうなるでしょうか。関節を守るのは筋肉の役目。結果、関節にも負担がかかりあちこち痛みが出てきます

日頃の立ち姿勢、座り姿勢を正すだけでインナーマッスルも鍛えられ、ブレない軸を作る事が出来ます

骨が解剖学的な正しい位置へ修正されると、内臓も正しい位置へ自然と戻るので内側からも整います

姿勢美人は若々しく見えますし、視線が少し上がるだけで気分も前向きリフレッシュ効果も^^

ご自身の内側を知る事ももちろん大切ですし、身体を客観的に見てもらう事も大切

パーソナルの時は○○ヨガとレッスンが決められていても、その方の悩みや目標を聞いてその場で個別シークエンスを組んだりしています(笑)

お客様とも笑いあいながら楽しい時間を過ごさせて頂いています

何が言いたいかといいますと、

皆様いつも、楽しい時間をありがとうございます^^

今日も1日お疲れ様でした。o○

この記事を書いた人

sayakatamuro